わかりやすい創価学会の誤り・創価学会員の皆さんへ

『慧妙編集室 編』

九、血脈(けちみゃく)の切れた学会に功徳はありません!

学会員の皆さんは、「唯授一人(ゆいじゅいちにん)の血脈相承(けちみゃくそうじょう)」という言葉を知っていますか。”学会ではキチンと教えてもらったことがない”という人でも、言葉くらいは覚えていることでしょう。
この「唯授一人の血脈相承」は、日蓮大聖人の仏法においては大変重要なことで、これがなければ、功徳が流れなくなってしまうのです。それゆえ、池田大作名誉会長も次のように述べていました。
「日蓮正宗創価学会の根本中の根本は、一閻浮提総与(いちえんぶだいそうよ)の本門戒壇(ほんもんかいだん)の大御本尊であることはいうまでもない。しかもその大御本尊は、日蓮正宗に厳然(げんぜん)とおわします。そして宗祖日蓮大聖人より第二祖日興上人、第三祖日目上人と代々の御法主上人(ごほっすしょうにん)が法水瀉瓶(ほっすいしゃびょう)・血脈相承され、現在は、第六十七世日顕上人猊下(げいか)にいっさい受け継(つ)がれているのである。」
「日蓮正宗における根本は、唯授一人の血脈である。その血脈相承の御法主上人に随順(ずいじゅん)しゆくことこそ、僧俗の正しいあり方である。この一点を誤れば、すべてが狂ってくる。創価学会は御歴代(ごれきだい)の御法主上人に随順してきたがゆえに、永遠に栄えていくことはまちがいないと確信する。」
「法水写瓶の血脈相承にのっとった信心でなければ、いかなる御本尊を持(たも)つも無益(むやく)であり、功徳はないのである。」(以上、『広布と人生を語る』より)と。
池田大作名誉会長ばかりではありません。秋谷栄之助前会長も、平成三年一月の時点で、
「血脈否定こそは、日蓮正宗の根本教義の否定であり、究極(きゅうきょく)の悪業(あくごう)」(『聖教新聞』)とまで述べていました。
唯授一人の血脈相承とは、仏法の全てが、宗祖日蓮大聖人から第二祖日興上人、日興上人から第三祖日目上人・・・・・・と、代々の御法主上人に受け継がれていくことをいいます。
この血脈相承によって、大聖人の御法魂(ごほうこん)は、全く断絶することなく未来永劫(みらいえいごう)に亘(わた)って受け継がれ、衆生(しゅじょう)を利益していくのです。
これとは別に、血脈には「信心の血脈」というものもあります。これは、僧俗各々が、唯授一人の血脈を受け継がれる御法主上人の御指南に従って信心修行に励むところに、血脈が分(わ)かち与(あた)えられ功徳があることをいいます。
以上を、分かりやすく人体の血管に例(たと)えて言いますと、血液(功徳)は、心臓(大御本尊・大聖人)から大動脈(唯授一人の血脈相承)を通り、そこから身体中の毛細血管(信心の血脈=個々の信心)に流れていくのです。
これを、もし大動脈を吹っ飛ばして、心臓からいきなり毛細血管に血液を流そうとしたら、どうなるでしょう。当然、毛細血管はことごとく破裂(はれつ)して、その人の身体は破滅(はめつ)してしまいますね。だから、大聖人は、
「総別(そうべつ)の二義少しも相そむけば成仏思ひもよらず。輪廻生死(りんねしょうじ)のもとゐたらん」
(『曾谷殿御返事』)
と仰せられて、この二つの立て分けを絶対に混乱させてはならない、と厳(げん)に戒(いまし)めておられるのです。
ところが、現在の創価学会はどうでしょう。
「創価学会は大聖人直結だ」などと言って、唯授一人の血脈を否定し、御法主上人を口汚なく誹謗しているではありませんか。これは、池田さんや秋谷さんの言葉をそのまま借りれば、まさに「いかなる御本尊を持つも無益であり、功徳はない」のであり、「究極の悪業(あくごう)」を積むことになるのであります。
それを指摘された学会は、「その頃は宗門を守るために言ったのだ」といってごまかそうとしますが、それでは、池田さんも秋谷さんも、宗門を守るために、あえて会員に対して間違った指導をしていた、とでも言うのでしょうか。そんな馬鹿な話はありません。
さて、学会員の皆さん! いまや皆さんは、学会の信心をしていても全く功徳がない、功徳がないばかりか、悪い事ばかりが続いていることに気づいているのではありませんか? 早く、血脈の切れた創価学会から抜けて、血脈付法(けちみゃくふほう)の御法主上人のもと、正しい信心に立ち返ったほうが賢明であります。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です