わかりやすい創価学会の誤り・創価学会員の皆さんへ

『慧妙編集室 編』

二十六、御登山の功徳を思い出しましょう!

学会員の皆さんが、かつては「魂(たましい)のふるさと」と称して恋(こ)い慕(した)っていた総本山富士大石寺。学会員が登山参詣をしなくなって、早くも二十年近い年月が経(た)ちますが、それでもなお、桜の季節を迎える頃には、お山の思い出が蘇(よみがえ)り、「昔はよく行ったなあ」と懐かしそうに語る学会員がたくさんいます。
創価学会では、会員の心を総本山から引き離すために、「桜を全部切った」とか「お山は荒れ放題」とか「登山すると、何十万円もの請求書が来る」等とデマ宣伝を繰り返し、あげく、「大石寺にペンペン草を生(は)やして荒れ寺にしてやる」(平成十三年三月一日付『聖教新聞』)などと憎しみの標的とする、恐ろしい指導が出されました。
しかしながら御安心ください。総本山は今も、大御本尊おわします清涼なる地として、凛(りん)とした空気に包まれ、春の桜をはじめ、ツツジ、ハス、木犀(もくれん)、紅葉など四季折々の花木が咲き誇り、美しく、清浄なたたずまいを守り続けています。
さらに、平成十四年には、我が国最大の日本式仏教建築である荘厳な奉安堂が建立され、そして平成二十一年の『立正安国論』正義顕揚七百五十年を慶祝して、境内地(けいだいち)や塔中坊なども整備されて、総本山は以前よりもいっそう立派に美しくなっています。
このような宗門の繁栄を妬(ねた)む創価学会は、一般会員が総本山を渇仰(かつごう)する心を起こさないように、「登山地獄」「目当ては御開扉料」などと讒言(ざんげん)を繰り返しており、まことに哀れという他ありません。
そのような悪口誹謗(あっくひぼう)をする人々は、日蓮大聖人が示された登山の大功徳を片鱗(へんりん)もわかっていないのでしょう。大聖人は、
「かゝる不思議なる法華経の行者の住処なれば、いかでか霊山浄土(りょうぜんじょうど)に劣るべき。法妙なるが故(ゆえ)に人貴(たっと)し、人貴きが故に所(ところ)尊しと申すは是なり。(中略)此の砌(みぎり)に望まん輩(やから)は無始の罪障忽(たちま)ちに消滅し、三業(さんごう)の悪転じて三徳を成ぜん」(『南条殿御返事』)
と仰せられ、大聖人(戒壇の大御本尊)のおわします処(ところ)がすなわち霊山浄土(りょうぜんじょうど)であり、そこに参詣することによって無始以来の謗法の罪障が消滅し、福徳を積むことができると約束せられています。
だからこそ、池田大作サン自身もかつては
「我々が登山して、大御本尊を拝することは、そのまま日蓮大聖人様にお目通りすることであり、偉大なる功徳を享受(きょうじゅ)できることは言うまでもないのである」
(昭和三十八年十月一日)
「霊鷲山(りょうじゅせん)への参詣、月一回。先生の直弟子としてこれを歓(よろこ)び、これを実行できぬようでは、正信の人とはいいきれない」
(『若き日の日記Ⅱ』159ページ)
とまで述べていたのです。
破門されたとたんに全く正反対の指導をして憚(はばか)らない、こんな無節操(むせっそう)男に振り回されて、大聖人の御教えに逆行していく学会員の皆さん、早くその誤りに気付いて、総本山根本の信心に立ち返りましょう。

KC420183
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です