わかりやすい創価学会の誤り・創価学会員の皆さんへ

『慧妙編集室 編』

二十七、”呪いの唱題” は変だと思いませんか!?

以前、六十七世日顕上人が海外へ赴(おもむ)かれる際、学会員は皆で、「日顕(上人)の乗った飛行機が落ちますように」と祈念していたそうです。
また、学会の会館や会員宅の仏壇前には、日顕上人や学会から離れた元幹部、あるいは学会に批判的な人達の不幸を願う ”祈念票” が置かれ、「日顕(上人)撲滅(ぼくめつ)のための十時間唱題」が行なわれた、という証言もあります。
あなたのお宅にも「祈念 日顕(上人)撲滅」等と書かれた紙が配られたのではないですか。
しかし、いくら自分達が憎しみを抱(いだ)いている相手とはいえ、人の不幸を願い、怨念(おんねん)を込めて ”呪(のろ)いの題目” を唱えるなど、変だと思いませんか。
ましてや、飛行機が墜落(ついらく)すれば、他の多くの乗務員や乗客をも巻き添えにする大惨事になります。それを祈るなど、完全に常軌(じょうき)を逸(いっ)しています。これが本当に、 ”平和・文化・教育” を標榜(ひょうぼう)する宗教団体のすることでしょうか。
創価学会が日蓮正宗の信徒であった頃、池田大作サンは次のように指導していました。
「仏法は ”人” を排斥(はいせき)するのでなく、その ”思想” を責め、改めさせるのである。
”思想” ”法” 対する厳格さと、 ”人” に対する寛容(かんよう)・慈悲(じひ)をはきちがえてはならぬ。」
(『人間革命』第六巻)
まことにそのとおりです。仏法は、相手の幸福を願うが故(ゆえ)に、不幸の元である謗法(ほうぼう)の
心を折(お)り伏(ふ)し、改めさせて、全ての人を救わんとする慈悲の教えであります。
ところが、宗門から破門されるや、池田サンは
「反逆者には『この野郎、馬鹿野郎』でいいんだ!」とか、
「あのー、まぁ、日顕(上人)なんか、その(イヤな奴の)代表だっていうんだ。ほんな、針金でゆわえて、頭をトンカチでぶっ叩いてね」
等と、 ”人” に対する徹底排斥を教唆(きょうさ)してきました。そのために、当時、学会の会館では、日顕上人を模(も)した人形と、それを殴(なぐ)るためのトンカチを置いて、来館者にボコボコ叩かせたり、日顕上人のお名前を書いた紙を玄関先に置いて踏み付けさせたり、あるいは、日顕上人に扮(ふん)した人間に罵声(ばせい)を浴びせ、子供にまで石を投げさせて、「ざまあみろ」と大笑いするイベントが各地で行なわれたのです(ビデオを入手しています)。
そして、破門から二十年近くも経(た)つ今なお、『聖教新聞』紙上では、会長以下最高幹部らが、学会批判者に対して「悪党」「畜生」「地獄の人生が残っているだけ」「ざまあみろだ!」と悪口雑言(あっくぞうごん)のかぎりを尽くしています。
この、あまりにも非常識な言い方に、呆(あき)れたり失望したりして創価学会を脱会した人はたくさんいます。あなたも一刻も早く、狂気の呪詛(じゅそ)信仰を捨て、真に自他共の幸福を願う正しい日蓮正宗の信仰に立ち返りましょう。

KC420201
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です