日本経済 2020年危機 単行本

三橋貴明の「新」経世済民新聞

Q「桜をみる会で総理を叩け」そうマスコミに指示した官邸の黒幕とは?

1.財務省職員
2.自民党幹部役員
3.野党党首

独占公開 安倍総理の告白

日本はもうおしまい

日本経済 2020年危機
経済学の嘘が日本を滅ぼす

このままでは・・・
出来るなら私が総理のうちに終わらせたい。
もう次の総理候補は、洗脳されてしまった
首相官邸での公開会食。
呼ばれる1人の男、語られる安倍総理の本音。
私には3つの敵がいる。

敵その1反日左翼
敵その2 グローバリズム
第3の敵 最大の敵、財務省

証言1 藤井聡氏
日本は財政破綻などしないー
この真実が広まれば、この国は簡単に経済大国に返り咲くことができます。
これを知ればその理由が完璧に理解できそしてどんな「財政破綻論者」がやってきても論破可能となります。
証言2 施光恒氏
本書の知識が共有されたとき、日本の再生が始まる。

なぜ安倍政権は消費税10%を2度も延期したのか、なぜ安倍政権はあの政策で失敗してしまったのか?
あの日に起きた出来事の実態とは、その裏側は・・・財務省の陰謀。
1人当たり857万円の借金、だから消費増税は仕方がないと、言う財務省の嘘、日本は公共投資をやり過ぎだの嘘
もはや死の宣告
始まるカウントダウン、自然災害大国でありながら災害から「守られない」国
消費税10%の衝撃
日本は先進国から転落
韓国どころか、フィリピン以下になるデフレの正体は少子化である嘘。
年収200万以下のワーキングプアは1100万人超え大型コンテナ船が入港できる韓国、出来ない日本、船を造っているのは日本の会社という事実。
国民の財産を使っての政府の借金返済
フェイクニュース 重要な法案が隠されるのか?
TVでは、絶対にカットされる日本の借金は200兆円も減っていた!?

財務省を影で操る黒幕の正体とは、マスコミが決して報道しない。
財務省の不都合な真実!?
安倍総理が首相官邸で会食を世間に公開してまで国民に伝えたかったこと!?

次に独占公開
真相がいま明らかに

三橋貴明の「新」経世済民新聞

Pocket

大都市自治を問う 大阪・橋下市政の検証 単行本

大都市自治を問う 大阪・橋下市政の検証 単行本(ソフトカバー)ー 2015/10/28

藤井聡 (著, 編集), 村上弘 (著, 編集), & 7 その他

商品の説明

内容紹介

地方都市は、東京一極集中に対抗する自治の術をいかに持てるのか?
「改革」を掲げる橋下市政、その改革至上主義による大都市大阪の変貌を丁寧に追い、顧みられなかった改革の中身、政策の実体と問題点を、教育・医療・福祉・財政・防災等、研究者たちが徹底分析。改革至上主義の限界と地方自治の展望を、総合的に検証した。
はじめに
序 大都市自治の「光」と「影」
第1部 大都市が陥る改革至上主義
第1章 「改革」全体主義の構造
第2章 大阪市住民投票という「テロル」を検証する
第3章 都市居住者と社会的統合 ─地域住民か匿名の大衆か
第4章 大都市自治における「言論弾圧」
第5章 「大阪都=大阪市廃止分割」構想の実体と論争
第6章 維新の党 ─右派ポピュリズムはリベラルを超えるか
第2部 橋下市政は大阪をどう変えたか
第7章 教育再建に向けて ─ 7年余の破壊から立ち上がる人々を支えたい
第8章 医療・福祉の全般的削減
第9章 公務員と労組への攻撃
第10章 財政 ─市政改革プランと財政効果の実際
第11章 産業政策における「改革」の実態
第12章 溶解する都市計画
第13章 防災─南海トラフ地震・津波への備えを急げ
第3部 大都市自治の未来
第14章 大都市自治の「改革」全体主義に対抗する三つの処方箋─自由、マネジメント、そしてプロジェクト
第15章 大阪市における都市内自治
第16章 脱東京の都市政策に向けて─大阪の魅力と展望
おわりに

出版社からのコメント

橋下市政による大阪の変貌、改革の実体を、教育・医療・福祉・財政と多角的に分析。
改革至上主義の限界と地方自治の展望を描く。
2015年11月22日投票の大阪知事選、大阪市長選に必読の一冊!

大都市自治を問う 大阪・橋下市政の検証

発売元:学芸出版社

発売日:2015年10月28日

Pocket

日本のために議員にしてはいけない人たち 単行本

日本のために議員にしてはいけない人たち 単行本(ソフトカバー) – 2019/6/8

カミカゼじゃあのwww (著)

商品の説明

内容紹介

票のためなら日本共産党とも組む野党候補たち

日本共産党と枝野、辻元、蓮舫議員らの立憲民主党、
小沢、玉木議員らの国民民主党などの
野党が手を組み全国各地で共闘態勢。
日本のために野党統一候補を断固阻止せよ!

こんなに危険な野党統一候補、
今度政権交代が起きたら、事実上の日本共産党政権⁉

●野党統一候補は、日本共産党が支持する候補
●これからの選挙は与党対野党ではなく、与党対野党+日本共産党
●日本共産党に繋がる市民連合は「市民の連合」ではない!
●日本共産党の組織動員、組織票に依存せざるを得ない野党議員たち
●すでに中国共産党や朝鮮総連とも関係修復、日本共産党は何を目指すのか?
●次に政権交代が起きると、事実上の日本共産党政権
●日本共産党「カクサン部! 」に要注意、その巧みな宣伝術
●「9条の会」「野党共闘」「市民連合」「総がかり行動実行委員会」etc….一目でわかる! 日本共産党と関わりのある野党議員

内容(「BOOK」データベースより)

日本共産党と枝野、辻元、蓮舫議員らの立憲民主党、小沢、玉木議員らの国民民主党などの野党が手を組み全国各地で共闘態勢。日本のために野党統一候補を断固阻止せよ!

日本のために議員にしてはいけない人たち

発売元:青林堂

発売日:2019年06月08日

Pocket

売国奴に告ぐ! いま日本に迫る危機の正体 単行本

売国奴に告ぐ! いま日本に迫る危機の正体 単行本(ソフトカバー) – 2012/2/29

三橋貴明 (著),

中野剛志 (著)

商品の説明

内容紹介

増税、TPP、公共事業削減から橋本維新まで、「改革」の名で日本を滅亡に導く者たちの正体とその欺瞞を徹底的に暴く!

内容(「BOOK」データベースより)

いま目の前にある危機の本質と日本再生への真の道とは!?TPP、増税、規制緩和…「改革」で日本を滅ぼす者たちの正体を暴く。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

三橋/貴明
1969年生まれ。経済評論家、作家。東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部を卒業。外資系IT企業などを経て、2008年に中小企業診断士として独立。三橋事務所を設立。07年、『本当はヤバイ!韓国経済』(彩図社)がベストセラーになり、論壇活動へ。増税やTPPの欺瞞、マスコミのウソを暴き続け、多くの支持を得ている

中野/剛志
1971年生まれ。京都大学大学院工学研究科助教。東京大学教養学部(国際関係論)卒業。エディンバラ大学より博士号取得(社会科学)。経済産業省産業構造課課長補佐を経て現職。専門は経済ナショナリズム。イギリス民族学会Nations and Nationalism Prize受賞。とくに国内のTPP論議では、隠されていた危険な問題点を鋭く指摘し、反対派の急先鋒として活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

売国奴に告ぐ! いま日本に迫る危機の正体

発売元:徳間書店

発売日:2012年02月29日

Pocket

福島原発事故と左翼 単行本

福島原発事故と左翼 単行本(ソフトカバー)ー 2017/2/10

瀬戸弘幸 (著)

販売元:清林堂

商品の説明

内容紹介

左翼政治家や文化人、メディアが
原発事故を最大限に利用し、福島を貶めた!
福島在住の著者が震災以降見てきた
反日左翼による反原発運動の6年間とは!

〈目次〉
第1章 東日本大震災と原発事故
第2章 民主党が隠し続けた放射線量の数値
第3章 福島の放射線量と安全性
第4章 反原発漫画『美味しんぼ』の風評被害
第5章 政治家と反原発運動
第6章 原発再稼働と反撃の万願寺デモ
第7章 農業と風評加害者組織「脱原発テント」

瀬戸弘幸(せとひろゆき)プロフィール
昭和27年福島県生まれ。政治運動家、農業家。日本第一党最高顧問。日本農業助合機構福島支部代表。著者ブログ『せと弘幸BLOG「日本よ何処へ」』はライブドア政治系ブログで常に上位にランキングされている人気ブロガーである。著書に『有田芳生の研究』『現代のカリスマ、桜井誠』(小社刊)など。

Pocket

連帯ユニオン関生闘争記 単行本

連帯ユニオン関生闘争記 単行本(ソフトカバー)ー 2019/3/15

瀬戸弘幸 (著)

連帯ユニオン関生闘争記

発売元:清林堂

発売日:2019年03月15日

商品の説明

内容紹介

武建一執行委員長逮捕! 連帯ユニオン関生支部崩壊へ!
累計45名の大量逮捕者、まだまだ増えるか?

福島みずほ議員や辻元清美議員など野党政治家、沖縄の反基地運動、関東のユニオンなどとも繋がりがあり、長年、関西の生コン業界を支配した労組、連帯ユニオン関西生コン(関生)支部。 大量逮捕でもマスコミが報道しない連帯ユニオン関生支部との約8カ月の闘争全記録!

なぜ労組「連帯ユニオン関生支部」が業界を支配できたのか?

●物理的な業務妨害も厭わず! 関生による暴力と恐怖の支配に業界は労使ともに疲弊。
●潤沢な活動資金を可能にした「ビジネスモデル」とは?
●連帯ユニオン関生支部周辺に多数の政治家、福島みずほ議員や辻元清美議員など政界ともつながりのある武執行委員長の驚くべき政治的手腕とは。
●北朝鮮や沖縄の反基地運動とも連携し、逮捕者された活動家も支援。
●累計45名の大量逮捕者、まだまだ増えるか。それでも当初は「逮捕者を釈放しろ! 」と警察署前で強気のデモ。
●著者らの討伐隊と不当な支配に立ち上がった業界関係者らの奮闘によりついに崩壊へ!

Pocket

寄生難民 単行本!

寄生難民 単行本(ソフトカバー)販売元:青林堂 – 2017/9/15

坂東忠信(著)

商品の説明

偽装難民問題や、今後激増するであろう大陸・半島からの難民について警告を放つ!
難民を「かわいそうな人」と位置づけて疑問の指摘をタブー化する時代は終わった!

第一章 日本の難民
第二章 半島難民
第三章 そして難民は移民になる
第四章 次の大波「中国環境難民」発生の予兆
第五章 難民対策

Pocket

徹底検証テレビ報道「嘘」のからくり 単行本!

(ソフトカバー)ー2017/11/21 単行本

小川 榮太郎 (著作)

商品説明

内容紹介

発売元 青林堂

今度はテレビだ!

「サンデーモーニング」「報道ステーション」
「ひるおび」「NEWS23」「情報ライブ ミヤネ屋」
これらフェイクニュースによる「デマ報道」。
私たち視聴者はどうしたらいいのか?!

〈目次〉
第1章 暴走するテレビの選挙報道
第2章 安保法制報道の悪夢
第3章 情報工作が紛れ込む危険地帯──テレビによる北朝鮮報道
第4章 『報道ステーション』という「罠」
第5章 『サンデーモーニング』──日曜日、朝の憂鬱
最終章 テレビはひどい、では視聴者はどうしたらいいのか──コンシューマー運動の提案
巻末参考資料 TBS社による重大かつ明白な放送法4条違反と思料される件に関する声明

Pocket

カルトとしての創価学会=池田大作 単行本!

カルトとしての創価学会=池田大作  単行本ー2000/11

発売元:第三書館

古川利明 (著)

商品の説明

内容 (「BOOK」データベースより)

池田大作「天下取り」のダシにすぎない「反戦平和」。池田大作がもつ創価大学入試選考での「創立者枠」。池田大作が教祖にならない理由は「公明党議席減少」。創価学会の預金総額はトヨタより多く、1兆円以上。カルトは「宗教の貌をした全体主義」である。

Pocket

創価学会秘史 単行本!

創価学会秘史 単行本ー 2018/3/1

高橋篤史 (著)

商品説明

内容紹介

全国800万世帯の信者を抱える巨大宗教団体、創価学会はどのように創立され、発展したのか。
学会が完全に封印し、幻の文書となった会報、機関誌を独自に入手。
浮かび上がってきた牧口常三郎、戸田城聖、そして池田大作の肉声と、言動。
「オーイみんな、僕等は飽くまでも『事』の信仰でゆかう。一歩も履み外さずに『事』でゆくから。理の信仰といふのは、頭だけの信仰だ。思想の上だけの信仰だ。口先ばかりの信仰だ。――お弁当組、忙しい折柄ぢゃが、繰合せて参った上にゃ、呑んでつかはすぞよ!アハ、アハ……」
初期の創価学会は、左翼運動で検挙された元教員たちを取り込み、特高警察や思想検事と手を結んで「転向」を促すことで組織を強化した。
戸田城聖は戦後、出版業や教育産業、金融業に乗り出すが、失敗。学会は、巨大な「集金マシーン」へと姿を変えていく――。

Pocket